◆センセーションカラーセラピーの特徴と魅力☆その1

【◆センセーションカラーセラピーの特徴と魅力☆その1】


snowdropでは『センセーションカラーセラピー』というカラーセラピーをやっていますが、

他にもいろんなカラーセラピーがあるってご存知ですか?


センセーションカラーセラピーって何?

他のカラーセラピーとどう違うの?って思ってる方もたくさんいらっしゃると思うので

今日はセンセーションカラーセラピーの特徴と魅力について

お話したいと思います(^^)


カラーセラピーは、センセーションカラーセラピーの他にも

オーラソーマ・オーラライト・アヴァターラ…など

いろんな種類のカラーセラピーがあります。

 

一番有名なのはオーラソーマかな?

2層に分かれたカラーボトルを使っておこなうカラーセラピーです。

イベントなどでもよく見かけますし、

100本以上のカラーボトルが並んでいてパッと目をひくので

見たことある!知ってる!っていう方も多いのでは?

実は私もカラーセラピーを知ったきっかけはオーラソーマでした。

 

よく「カラーセラピーってオーラソーマとは違うものなの?」と聞かれますが、

オーラソーマもカラーセラピーの一種。

「カラーセラピー」の中に「オーラソーマ」や「センセーションカラーセラピー」があります。

 

それぞれ、使うボトルの数や色、選ぶボトルの数に違いはありますが、

どのカラーセラピーも、色を選んで過去・現在・未来・本質・可能性などを知ることができます。

 

センセーションカラーセラピーでは、

10色のカラーボトルの中から6本(または3本)選んでもらいます。

センセーションカラーセラピーは1995年にカナダ・バンクーバーで設立されました。

美しい10色のカラーボトルには、それぞれの色の意味と似た意味を持つハーブなどを

ブレンドしたアロマオイルが入っています。

天然の素材から作られたオイルなので、色がとっても綺麗で深い!

見れば見るほど引き込まれていきます♪


そしてハーブで作られているので、もちろん香り付き。

ご希望のお客様には、セッションの最後に好きなボトルの香りを嗅いでいただいています。

不思議なことに、『一番自分に必要な色』のボトルの香りが一番心地よく感じたりするんですよ(^^)

 

センセーションカラーセラピーはこのように

色と香りの共感覚によるヒーリング効果

カラー・アロマ・ヒーリングを行っていくのが特徴で、

欧米ではとても人気の高いカラーセラピーだそうです。

 

そして実はセンセーションカラーセラピーのカラーボトルには

「チャクラバランシングオイル」という名前が付いているんです☆

 

『チャクラ』って何???

この続きはまた次回☆