◆センセーションカラーセラピーの特徴と魅力☆その2

【◆センセーションカラーセラピーの特徴と魅力☆その2】

 

→センセーションカラーセラピーの特徴と魅力☆その1の続きです(^^)

 

センセーションカラーセラピーで使うカラーボトルには

「チャクラバランシングオイル」という名前が付いています。

チャクラのバランスを整えるオイルという意味ですが、

みなさんは『チャクラ』って聞いたことありますか?

私たちの身体の中には、目には見えない「チャクラ」と言われる

回転する光の輪が存在しているといわれています。


主要な「チャクラ」は私達の体に7つあり、

そこから『気』のエネルギーを取り込み

そして、各チャクラに対応する心や体の部位に働きかけます。

この「7つのチャクラ」をバランスよく活性化させることにより、

エネルギーの流れをスムーズに促し、心や身体を健康に保つことができるそうです。

※画像はお借りしました。

 

どこかのチャクラが閉じていたり、バランスが悪いと

うまくエネルギーを取りこめなくなってしまって、その部分に不調が表れます。

 

例えば便秘に悩まされている人は第2チャクラ、

頭痛に悩まされている人は第7チャクラのバランスが崩れているということです。

なぜそのチャクラのバランスが崩れているのか?という原因も

選んだ色のキーワードからわかったりするんですよ☆

 

チャクラは下から

レッド,オレンジ,イエロー,グリーン,ブルー,パープル,バイオレットの順に7色。

センセーションカラーセラピーのボトルは、

それぞれのチャクラに対応しています。

 

でもチャクラは7色。ボトルは10色。

残りの3色は?というと、

ローズ…ホルモン系

スプリンググリーン…リンパ系

ゴールド…神経系

に対応しています。

 

前回のブログ(その1)で書いたように、センセーションカラーセラピーの

カラーボトルには、それぞれの色の意味と似た意味を持つハーブから

作られたアロマオイルが入っています。

 

ですので、ボトルの中に入っているオイルの香りを嗅いだり、

対応する体の部分にオイルを塗ったりして使うと

色と香りがチャクラに働きかけてくれるので

チャクラのバランスを整えるのに効果があるそうです。

※ただし日本ではセンセーションカラーセラピーのオイルは化粧品登録されていないため

身体に付けることを推奨することができません。。

 

だからセンセーションカラーセラピーのカラーボトルには

「チャクラバランシングオイル」という名前が付いているんですね(^^)

 

何気なく選んだ色から、体の不調についての原因まで

わかってしまうセンセーションカラーセラピー☆

 

緊張するとすぐお腹が痛くなる…

仕事に行くと必ず頭が痛くなる…

長年肩凝りに悩まされている…

ある場所に行くととても息苦しく感じる…

など、原因が分からない体の不調を改善するヒントも

カラーセラピーで見つかるかもしれませんよ(*^^*)

 

 

※センセーションカラーセラピーは医療行為ではありません。

※チャクラバランシングオイルで必ず体調が良くなるわけではありません。