◆食生活で変わる子どもの心と体

【◆食生活で変わる子どもの心と体】

 

先週の土曜日は、「食生活で変わる子どもの心と体」という講演会を聞きに行きました☆

 

大阪や和歌山で3つの幼稚園を経営されている松井直輝先生。

食のお話が中心かな?と思ったらそうではなく、礼儀やしつけなど基本的な生活習慣のお話がメイン。

教育委員会にも携わっておられるということで、教育者の目線から、子育てについてたくさんの大切なことを教えてくださいました!

職場や家庭の三原則は

一、時を守り(時間の秩序)

一、場を清め(空間の秩序)

一、礼を正す(人間関係の秩序)

ということ。

 

誰と出会い誰のために何のために、時間とお金と情熱を使うか。

時間の無駄遣いは命の無駄遣い。

家庭でも職場でも方針を決めて、みんなでルールを守ろう。

ていねいな言葉遣いをしよう。

物事は最後まで丁寧にやる。

空間を綺麗にして心のすさみをなくそう。

しつけの三原則(挨拶、返事、履物)

主体変容(まずは自分が変わろう)

 

…まだまだ書き足りませんが、、基本的なことなんだけど、出来てるかって言われると出来てないことがたくさん。

そしてこれらは全て「家族そろって朝ごはんを食べること」で養うことが出来るんだよ、と教えていただきました。

 

朝何時に起きて、何時に朝ごはんを食べる(時を守る)

気持ち良くごはんを食べるために掃除をする(場を清める)

おはようございます、いただきます、って挨拶をして食べる(礼を正す)

 

朝時間がないからって、ついついパンだけになってないですか?

子どもにエサをあげるかのように「これ食べとき」って朝ごはんを与えてないですか?

家族揃って朝ごはん食べてますか?

 

………うちはできてない。。

私の父親がパン屋さんで働いていたので、うちの家族は昔から朝はパン。

だから結婚してからも毎日パン。

きちんと作らなきゃいけないとは思ってても、「時間がない」「めんどう」って逃げてる自分がいた。

でも子育てをしていく上で、「家族揃って朝ごはん」ってこんなに大切なんだ!って気づかされました。

だからとりあえずまずは一週間がんばってみよう!って朝ごはん作りがんばってます☆

たくさんメモって帰りました!笑

 

あなたの基本的な生活習慣って何?って聞かれるとなかなか答えが出てこないけど、身体は覚えてる。

例えば、目玉焼きに何かける?醤油?ソース?なんでそれをかけるの?

小さいころから親がそれをかけて食べるのを見て、それが当たり前と思ってきたからですよね。

 

だから子どもに「おはよう」って言わない親なら、子どもも「おはよう」って言わないし、

「おはよう」って言う親なら、子どもも「おはよう」って言う。

子どもに対しても「おはようございます」って言う親なら、子どもも「おはようございます」って言えるようになる。

扇風機のスイッチを足で押してたら、子どもも足で押しちゃうよって。笑

親がやってる基本的な生活習慣は、子どもの魂に刻み込まれるんです。

 

子どもに「部屋を片づけなさい!」「脱いだ服は片づけなさい!」って言っても自分が出来てなかったら子どももするわけがない。

だからまずは主体変容。自分が変わらなきゃ!お手本にならなきゃ!ってあらためて感じさせられた講演会でした。

 

先生が園長をされている幼稚園の写真なども見せていただきましたが、みんな姿勢を正して椅子に座ってごはん食べたり、お話聞いたりしてるんです。

そして給食は玄米和食!

また、福井県のある市の小中学校では一貫した教育方針があってすごい!というお話も。

こんな幼稚園・保育園・学校が増えたらいいな~!こんな先生が増えたらいいな~!いうお話もたくさんでした!

先生の本も2冊買って帰りました☆

 

伝えたいことがあり過ぎて、長くなっちゃいましたが…笑

過去と他人は変えられない。変えられるのは未来と自分だけ。

あなたは、誰と出会い誰の為に何のために、時間とお金と情熱を使いますか?

 

 

←前の記事へ   次の記事へ→